FAKY

フェイクなフリして、とことんリアルに。
東京からオルタナティブ・ガール・ポップを発信する4つの個性。

グループ名である“FAKY (フェイキー)”とは、自らを“FAKY=FAKEのよう”と名乗ることで、現在の音楽シーンの中で逆説的に“リアル”を体現するグループを目指すという意気込みを表現している。活動開始以来、”海外に通用するガールズグループ”を合言葉にしたアーティスト活動を展開。YouTubeで公開したMVが海外120ヶ国以上よりアクセスされ、同じくYouTube上でのMVの総再生回数が650万回を超える等国内外から注目を集めている。バラバラな環境で育ってきた彼女達の個性がここ東京に集結し、”J-POP”ではなく広い目で見た”POP”をベースにした音楽性で、現在の日本の主流ガールズグループとは違った存在を目指す、個性あふれるオルタナティブな4人組ダンス&ボーカル・ガールズグループ。

昨年3月に発表した『Surrender』は世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」Viral Top 50チャートにて日米Top 10入りを記録した他、これまでにイギリス、アイルランドを含め合計4カ国で同チャートにチャートイン。その後、同年6月にミニアルバム「Unwrapped」でメジャーデビューを果たし、昨年末から今年初頭にかけては初となるワンマンライブ「FAKY FIRST LIVE “Unwrapped”」を東京・大阪・福岡で開催。今年4月には最新配信シングル「Who We Are」をリリースし、新たなアーティスト性の一面を見せる等積極的なアーティスト活動を展開しており、これからの動向に国内のみならず全世界が大きな期待を寄せている。